自営業の悩みを相談ができる場所

スポンサーリンク

自営業をしていると何かと悩みがあると思います。

またまだ開業していないとしても開業に向けて相談したいことが出てくるはずです。

そんな悩みを解決してくれるかもしれないのが商工会議所です。

商工会議所とは簡単に言うと地域の企業のために色々頑張ってくれている組織です。(めっちゃざっくりですいません。)

そこで今回は商工会議所のメリットをかいてみます。

補助金の申請ができる

コロナをきっかけに補助金、助成金これらの言葉をよく耳にするようになりました。

しかし実はその前から自営業に対しての補助金はあったんですね。

内容は各都道府県によって違いますが、開業前に必要書類を提出することで数十万の補助金がでることもあったりします。

しかしその書類が分かりにくく個人であればなかなかできないのですが、そのサポートを商工会議所がしてくれます。

具体的に何が必要か教えてくれたり、書類に対しての文面を考えてくれたりと親切、丁寧に対応してくれます。

僕も過去に何度もお世話になりました。

ただ注意が必要なのは補助金、助成金の申請を開始していることが気付きにくいことです。

数人の経営者仲間がいるので気付かずに終了していた、といったことは今のところなかったですが気付いたのは数週間後だったこともあるので、

商工会議所のホームページに申請の募集をしていたりするので確認してみるといいと思います。

専門家に相談できる

実際に営業をしていると税理士さん、社労士さん、弁護士さんのような専門家に相談したい時もあるのではないでしょうか?

そこで気になるのが値段ですよね?

このような専門家に相談すると高くなってしまうケースもあるのでどうしても躊躇してしまいます。

商工会議所であれば月に数回と回数こそ少ないですがなんと無料で相談できます。

しかし事前に予約が必要だったりするのでお住まいの商工会議所に確認してみてください。

事業計画書のアドバイスがもらえる

開業前に商工会議所を訪れると何をすればいいかを明確に教えてくれます。

そして開業未経験の方が一番難しいのが事業計画書の作成だと思います。

商工会議所の職員の方は店の規模に対しての売り上げ、客数等がある程度把握できているので数字の正確性が高いです。

そのためそこまで大きくぶれることのない事業計画書ができます。

この時に考えた数字が1つの目安になるのでわかりやすいですよね。

まとめ

経営していくとどうしても問題は発生しますよね。

そして個人であれば知識もお金も限界があります。

そんな悩みを解決してくれる可能性がある商工会議所を有効に活用しましょう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました