お客さんのリアルな反応を知るためには

スポンサーリンク

料理人、さらに自分のお店であればやはりお客さんが自分の料理をどう思っているかは気になるところです。

お客さんのなかには直接、

「美味しかった」

と言ってくれる方もいらっしゃいますが、何も言わず帰られる方もいらっしゃいます。

まして直接、

「美味しくない、まずい」

と言ってくる方はほとんどいません。

しかし全ての方が美味しいと思える料理を作るのはかなり難しい事ですし、少数でも自分の料理に対して口が合わない方がいるのは当然だと思います。

そこでお客さんのリアルな感想を知るために僕は料理の残り具合を気にしています。

全て食べてもらえていると比較的満足してもらえたのかな?とか

料理が残っていれば味付けが悪かった、量が多かった、時間がなかった

こういったことが考えれます。

特にランチであれば日替わりメニューもあるのでその時は同じ日であっても残り方によっては味付けや量を微調整したりします。

また単品のメニューでも完食されることが多ければ問題ないですが、そうでないメニューに関しては改めて考える必要があります。

料理は作って終わりではなく食べてもらえて初めて意味があります。

お客さんの評価が食べ残しにはでてるので常に意識し、ひとりよがりな料理を作らないようにすることでお店はよくなるはずです。

綺麗に全て食べてもらえているととても嬉しいですよね。

多くの方がそうなるように残り物にも目を向けましょう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました