個人の飲食店の定休日の決め方

スポンサーリンク

個人の飲食店であれば休みの日は一週間に一度定休日を作って休むというのが多いと思います。

問題はどの曜日にするか?です。

結論からいうと、

オープンして暫くは休まず営業して、客足が鈍い曜日を定休日とするのがいいと思います。

周辺店舗が休みだったり、スーパーの特売日だったりと色んな要因が影響して 、特定の曜日がいつもに比べ落ち着く曜日が出てくると思います。

売上ベースで考えるとこの日を定休日にするのがいいです。

ただ、決まった曜日に用事がある時や業者の休みに合わせて休みたい時は初めから決めた曜日でもいいです。

もう1つの休み方として不定休があります。

不定休は自分の都合によって休みを決めれるので非常に融通がききます。

しかしこちらの欠点はお客さんに分かりにくいことです。

そして営業をしているかの確認電話も多くなります。

電話ぐらいと思うかもしれませんが少人数でしているとこの電話でもかなり時間をとられ、特に忙しい時間帯での確認電話はキツかったりします。

そうならないためにも不定休にするのであれば月末に来月の休みを全て告知しておくことが必要です。

そうすることでお客さんが休みの日に来店される、営業確認の電話をある程度防げます。

個人でしていると休む日も悩むようになると思います。

いい仕事をするために自分にあった方法でしっかり休みましょう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました