個人の飲食店開業資金はどれぐらい?実際にかかった費用の内訳を公開

スポンサーリンク

飲食店開業にはどれぐらいの資金が必要なのだろう?

こんな疑問をお持ちの方は多いと思います。

一般的な目安の金額が1000万円です

今回はどうしてそんなに多くのお金が必要になるのか?

実例として、僕が開業にかかった費用を元に解説していきたいと思います。

どれぐらい開業に費用かかるのかが分かれば

・いくら借りればいいか?

・いくら貯めればいいのか?

がイメージしやすくなり、開業に向けての準備がしやすくなるでしょう。

そして後半では、どのようにして開業資金を準備するのかその方法にも書いているので最後までご覧ください。

この記事はこんな人にオススメです

飲食店の開業を考えている

開業費用がどれぐらいになるか事前に知りたい

開業費用をどのように準備すればいいのか知りたい

開業費用の内訳

まず初めに僕が契約したテナントの状態は

約15坪

居抜き

前は飲食店だが僕とは違うジャンル

このような感じです。

そして飲食店として開業できる状態までもっていくのにかかった費用は約600万でした

この中には運転資金が入っていないのでそこまで考えると確かに1000万近い資金が必要になります。

その内訳として、

内装費  約300万  

物件取得費 約50万

厨房機器 約200万

設計費 約50万です。

次はそれぞれの項目を解説していきます。

内装費

内装費に関して意識したことは、使える部分はなるべく使う、です

そうすることで工事費を抑えることができます。

しかし、僕の場合は前にあったお店が違うジャンルだったの設備的にやり直す箇所が多かったです。

一般的にスケルトンより居抜きの方が費用が抑えれると言われています。

本来必要な工事がすでに終わっているからだね

しかし、業種が違えば居抜きとはいえ費用がかかることがあります

内装費を抑えたいのであれば、同業種のテナントで探すのがいいでしょう。

とはいえ、そこを意識しすぎるといつまで経ってもテナントが見つからないといったことも考えれます。

個人的には気に入った物件が同業種であればラッキーぐらいの感覚が丁度いいのかなと思います。

また費用を抑えることばかり考えると、全体的な仕上がりがショボくなる恐れもあります。

せっかくの開業なので

・お金をかけなければいけないところ

・既存の物を上手く使ってお金をかけないところ

このバランスが大事です。

物件取得費

物件取得費は

敷金・礼金

保証金

仲介手数料

これらがあたります。

僕のテナントは合わせて家賃5ヶ月分と比較的少なかったです。

中には12ヶ月分必要なテナントもあるので、物件取得費だけで数百万円かかることもあります。

この費用を抑えるためには家賃の安いところを選ぶ必要があります。

仮に物件取得費が12ヶ月分のテナントでも、家賃が2万円安いテナントであればそれだけで24万円下がるようになります

家賃が安いと今後の経営も有利なので意識しておくといいでしょう。

厨房機器

厨房機器は

台下冷蔵庫

冷凍冷蔵庫

洗浄機

調理台・作業台

等です。

僕はなるべく新品で購入しました。

中古にしなかったのは

アタリハズレがある 

古い物だと壊れたときに修理できないこともある

このような理由からやめておきました。

特に冷凍冷蔵庫は壊れると営業ができないこともあるので、新品で購入しておく方がいいでしょう。

またリースに関しても購入するより高くなります。

結局新品がトータルコストを安くできると思います。

とはいえ中古やリースであれば初期費用は抑えれます。

ここは資金や自分の好みによって変わってくるのかなと思います。

設計費

設計費とはお店のデザインを設計士さんに書いてもらった場合に設計士さんに支払う費用のことです。

僕は知り合いに設計士さんがいてその方にお願いしたのでかかりましたが、個人であれば設計士さんをつけないことも多いので、設計費がかからない方もいます。

デザインにこだわりたい方は地元の設計士さんにお願いするのもいいと思います。

これらの他にも

食器

楊枝入れ、黒板といった備品

メニュー表

等に数万円かかりました。

資金の調達方法

今までの説明で、飲食店の開業には多額の費用が必要だと感じたと思います。

次は開業費用を用意するためにはどうすればいいのかを考えていきましょう。

自分で貯める

一番いい方法は自分で貯めることです。

これは利息といった余分な手数料を支払う必要もなく、自分の思うように使うことができます。

ただ最大のデメリットがなかなか貯まらないことです。

全ての資金を自分の貯金だけで賄おうとすると数年、もしくは10年以上はかかると思った方がいいでしょう。

金融機関から借りる

金融機関から借りるとなると真っ先に思いつくのが銀行ではないでしょうか?

しかし個人のお店での開業であれば銀行はかなりハードルが高いです。

そこで出てくるのが日本政策金融公庫です。

日本政策金融公庫とは?

聞いたことがない方が多いと思いますが日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫(日本公庫)は、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫を前身とする政策金融機関です。

資金調達が困難なことが少なくない中小企業・小規模事業者や、気候変動などの影響を受けやすい農林水産業者に対して、融資や信用保険などにより支援を行っています。

経済危機や自然災害等の際にセーフティネット機能を果たすのはもちろんのこと、新たな事業の創出、事業再生・事業承継、ソーシャルビジネス、海外展開及び農林水産業の新たな展開などのニーズに適切に対応し、日本経済の成長・発展に貢献することも政策金融機関としての役割です。

日本政策金融公庫ホームページより引用

要は中小企業の為に融資が受けやすい金融機関です。

メリットとして

・融資を受けやすい

・銀行に比べ金利が低い

・事業のアドバイスがもらえる

このような点が挙げられます。

ほとんどの場合こちらから融資を受けるようになると思います。

親・友人から借りる

次は親や友人から借りることが思いつくのではないでしょうか?

比較的お金が借りやすく、利息もつかないのであればいい選択肢のように思います。

 

しかし僕はオススメしません

なぜならお金を返せないと信用を失うからです。

多くの方が事業計画を甘く見ています。

これが開業から2年以内に半分の飲食店が廃業している理由の1つです。

借りる時はもちろん返すつもりでしょう。

しかし実際は返せないこともあります。

親ならまだしも、友人にお金を返せないとその後の関係に支障がでるのは間違いありません。

そのため返せない事を想定し、知人から安易にお金を借りるのは辞めておきましょう。

また精神論になりますが、他人のお金を使って開業してもあまり上手くいかないと思います。

やはり自分で痛みをとって開業をすることで真剣になれます。

オススメは自己資金と日本政策金融公庫の半々

個人的に一番いい方法は自己資金と日本政策金融公庫の組み合わせです。

金利が低いといっても、流石に全ての開業資金を日本政策金融公庫で融資してもらうのはリスクが高くなります。

目安としては、自己資金で開業資金の半分ほど用意できればいいと思います。

最低でも開業資金の2割は自己資金で用意しておきたいですね。

自己資金を全然用意できないのであれば、正直経営には向いてないです

「お金を貯める」のも1つの経営です。

まとめ

今回は僕のお店に実際にかかった費用も公開して説明してきましたが、正直どのくらい開業費用がかかるかはそのお店の状態と自分の考え方次第です。

特に内装は安く抑えれたとしても

見た目がショボい…

すぐに修繕が必要になる

これでは意味がありません。

長い目で見て費用を抑えれるように、業者さんにもアドバイスをもらうのもいいでしょう。

飲食店の開業は、どうしても数百万と大きな資金が必要になるのがほとんどなので開業の判断は慎重にして下さいね。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました