飲食店開業への第一歩、まずはコンセプトを決めよう!決め方についても解説

スポンサーリンク

いざ開業するとなると、どのように進めていけばいいのか分からない、と悩んだりしませんか?

まず初めに考えることはお店のコンセプトです。

僕も開業を決意した時は、まずコンセプトを考えました。

コンセプトはかなり重要です。

そして先にコンセプトをしっかり決めておくことで今後の経営は間違いなくやりやすくなります。

今回はコンセプトが重要な理由とどのように決めていけばいいのかを解説していきます。

この記事はこんな方にオススメ

飲食店開業を考えている

開業を決意したけど何からすればいいかわからない

コンセプトに悩んでいる

コンセプトの重要性

コンセプトを決める、と言えば難しく感じるかもしれません。

要はどのようなお店にしたいかを考えるということです。

開業するためには色々なことを考える必要があります。 

•お店の場所

•客層

•料理の価格・ボリューム

•内装・外観

これらを決めていくのはかなりの時間が必要でしょう。

しかし、コンセプトが明確になっていると先程の項目も比較的決めやすいです。

コンセプトの決め方

例えば「隠れ家的な居酒屋」を作りたいとします。

すると出店する場所の候補として、

あまり人目につかない

裏通りのテナント

このようになりませんか?

これだけで場所の選び方もかなり絞れたことになります。

さらに考えていくと、客層は若い方よりどちらかというと年配の方が多くなりそうですよね。

ということは料理に関しても

味付けはどちらかというと薄味

ボリュームより質にこだわった方が良さそう

このように考えることができます。

内装にしても落ち着いた雰囲気の作りがいいと思いますし、外観もあまり目立たず、通常の家と変わらないようにしてもいいはずです。

コンセプトが決まるだけで色々なことが明確になってきます。

初めからコンセプトを考えておくとお店に統一感がでる。

特に内装は作業をした後では変更しにくいのでしっかり考えを固めておくこと。

コンセプトがしっかりしていると集客しやすい

コンセプトがしっかりしていると集客にもプラスに働きます。

それはお客さんにどのようなお店かが分かりやすいからです。

反対にコンセプトがぼやけていると、何のお店かが分かりにくく、お客さんも入りにくいです。

コンセプトをしっかり固めておくと、それだけで経営はしやすいのでじっくり時間をかけて考えるのがいいでしょう。

コンセプトを決める時の注意点

コンセプトを決めるときは、自分がどのようなお店にしたいかをまずは考え矛盾のないように掘り下げていくといいです。

そこで役に立つのが5W1Hです。

5W1Hとは?

・when  いつ

・where どこで

・who  誰に

・what  何を

・why  なぜ

・how  どのように

の頭文字をとった言葉です。

これらを1つずつ考えていきましょう。

when

まずは営業時間です。

営業時間はお店によって変わってきます。

お昼と夜

お昼だけ

夜だけ

深夜遅くまで

これも先程の「隠れ家的な居酒屋」に当てはめると

夜だけ、もしくは深夜遅くまでが良さそうですよね。

where

これは場所です。

繁華街にするのか、郊外がいいのか。

どちらもいい面と悪い面があるので、自分のお店にあった場所を選びましょう。

who

誰に向けてのお店なのかを考えましょう。

要するにターゲットですね。

•サラリーマン

•女性

•学生

•ファミリー層

等があります。

上記の複数が当てはまることもありますが、基本的に各層で求めているものは違います。

来店が多く見込める層を意識して、作っていきましょう。

what

ターゲットが決まると次は何を提供するのか?です。

•ボリューム満点のセット

•仕入れ先にもこだわったオーガニック野菜

•他のお店にはない少し変わった創作料理

この項目は他のお店と差別化できると安定した集客が見込めるでしょう。

why

なぜそのお店をするのかです。

「隠れ家的な居酒屋」だと、あえてあまり目立たなくしていることで新規のお客さんを減らすことに繋がるでしょう。

しかし常連のお客さんは多いはずです。

そのお客さんとの会話を自分自身が楽しみたい、このような想いがあれば「隠れ家的な居酒屋」を開業する理由として合っていますよね。

この「なぜ」の部分は開業において重要です。

how

最後はどのように提供するか?です。

これは料理や空間を表しています。

隠れ家的な居酒屋だと

オシャレ内装

照明は全体的に暗め

このようなイメージです。

それなら個室もあったほうがいいかも

確かに「隠れ家的な居酒屋」であれば個室があったほうがいいでしょう。

ただ今回は、

お客さんとの会話を自分自身が楽しみたい

という想いから開業を考えているので個室よりカウンターの方が目的に合っています。

このように「隠れ家的な居酒屋」といっても自分が何をしたいかによってお店作りは変わってくるのでしっかり考えましょう。  

コンセプト例まとめ

隠れ家的な居酒屋

▫️18時〜24時まで 定休日は日曜

▫️繁華街の裏通り

▫️40歳〜60歳位がメインのターゲット

▫️値段はそこそこで質は高め

▫️お客さんとの会話を自分自身が楽しみたい

▫️全体的に暗く、オシャレな内装

個室はなし

どうでしょうか?

これなら特に矛盾なくコンセプトが決まっていると思いませんか?  

もし自分でわからなくなれば、数人で意見を出し合ってもいいですね。

まとめ

もしコンセプトを決めておかないと、まとまりのないお店になります。

その結果思うような集客ができないことがあります。

また料理や価格は後からでもコンセプトに合わせることができますが場所や内装は変更しにくく、できたとしても費用がかかってきます

そうならないように、まずは時間をかけてコンセプトを固めていきましょう。

そして実際に営業していて変えた方がいい箇所が出てきた時は柔軟に対応しましょう。

そうすることでお客さんの満足度が高まります。

自分がどのようなお店を作りたいかじっくり考え形にしましょう。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました