個人の飲食店だと売り上げはどれぐらい必要?目安になる計算方法も紹介

スポンサーリンク

個人の飲食店だとどれぐらいの売り上げがあれば生活できるのだろう?

このような疑問を持つ方は多いように思います。

特に飲食店での開業を考えているのであれば、なおさら気になりますよね。

もちろん店の規模によって必要な売り上げは変わってきます。

そこで今回は

・家賃 

・坪数

これらから算出できる目安の売り上げの計算方法を紹介します。

そして後半には、売り上げの目安を知るより重要なことについて解説していきます。

それは経営をしていく上で大切なことです。

開業を考えている方は特に参考になるはずなので最後までご覧ください。

この記事はこんな方にオススメ

・飲食店での開業を考えている

・目安の売り上げの計算の仕方を知りたい

・経営を続けるポイントを知りたい

売り上げの目安計算

まずは家賃を使っての計算方法です。

1ヶ月の家賃×10=必要な売り上げ

これは有名なので聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

もしくは、平日2日~3日で家賃1ヶ月分の売り上げがあれば良い、とも言われます。

どちらも計算がシンプルなので分かりやすいですよね。

1坪あたりでの売り上げ目安

次は1坪あたりの売り上げでの見方があります。

1坪あたりの売り上げ

・10万が最低ライン

・15万でそこそこ忙しい

・20万あればかなりの繁盛店

このようなイメージです。

例えば10坪の物件で開業したとすると

最低ラインの売り上げは100万円となります。

このように、開業前から家賃や坪数を元に売り上げの目安がわかれば便利なように思いますよね。

しかし僕は、開業前に売り上げを知るのはあまり意味がないと思っています。

目安の売り上げを知ることに意味がない理由

なぜなら

・店により必要な売り上げが違う

・売り上げはコントロールできない

この2点です。

詳しく解説していきます。

店により必要な売り上げが違う

家賃や坪数が同じでも、お店によって必要な売り上げは変わってきます。

例えば1ヶ月の利益が30万ほしい場合

A 経費に80万かけていると売り上げが110万必要

B 経費に60万しかかけていないのであれば売り上げは90万あればOK

このようになります。

必要な売り上げが20万変わってくると、かなり印象が違いますね。

もし客単価が1000円だとすると、客数は200人も差があることになります

相当な人数ですよね。

・料理の満足度を高めるために

原価をかけている

・アルバイトを雇っている

このような方はどちらかというと経費が多くなりやすいので、必要な売り上げが高くなります。

経費のかけ方で必要な売り上げが変わってくることは意識しておく

売り上げはコントロールできない

そもそもですが売り上げの目安を知ったところで、計画通りその売り上げに到達させることは至難の技です。

特に開業前であれば

・どれだけお客さんがくるのか読みにくい

・客単価、メニュー価格が分からない

このような状態で目安の売り上げに近付けるのは難しいでしょう。

因みに開業後だと、数ヶ月すればどのぐらいの売り上げがあればいいのかはそれなりにわかってきます。

その売り上げが家賃の10倍の売り上げでなかったとしても大丈夫なのであれば、気にする必要はありません。

因みに僕のお店の平均的な売り上げは

家賃の11倍

坪売り上げは8万

このようになっています。

坪売り上げでみると最低ラインを下回ってますが収入に不満はありません。

このようなズレもあるので、目安は参考程度に考えておくことがいいでしょう。

売り上げの目安を知るより大切なこと

開業を意識したことにより売り上げの目安を知ることは、開業に向けて行動しているということです。

それはいいことだと思います。

実際僕も開業する前は色んな角度から売り上げの目安を調べていました。

しかしいざ開業してみると、イメージしていた売り上げとは違っていました。

なのでそこまで気にすることもないかなと思います。

開業に向けて何よりも大切なことは生活費を下げておくことです。

生活費が低いと当然必要な売り上げが少なくて済みます。(正確には利益です、よかったらこちらの記事を参考にしてください利益を意識してますか?)

毎月の必要な売り上げが低くければ有利なのは言うまでもないですよね。

生活費を下げなければいけないからと、無理にドケチ生活をする必要はありません。

僕の場合でいうと車を2台持ちから1台にしました。

僕は田舎に住んでいるので車は必須ですが

店の近くに引っ越す

自転車通勤をする

このような取り組みのおかげで1台でも特に不便なく過ごせています。

そして、車を手放しただけで生活費が月1万円ほどは変わりました。

飲食店は売り上げの10%が利益として残ればいいと言われています。

生活費を1万円下げれたのは、売り上げベースで考えると10万円少なくてもいいということです。

こう考えると大きいですよね。

固定費は必要なものと考えるのではなく、どうすればなくせるか

こう思うのが重要です。

他にも

・携帯電話のキャリアを見直す

・無駄な買い物を減らす

・電力会社を安い所に切り替える

こうすることで生活費をさらに下げれます。

いかに生活費を下げるかは会社員の時からでも実践でき、経営する上でかなり効果があるので取り入れて下さい。

まとめ

ここまで色々なことを書いてきましたが、売り上げの目安を知ることはダメなことではありません。

でも仮想の売り上げに縛られ、根拠のない客数や客単価で安易に大丈夫と思い込むのは危険です

経営は生き物です。

その時々で必要なことは変わってきます。

お客さんの求める商品、サービスを考える、この視点を忘れなければ、自ずと納得のいく売り上げを達成できるでしょう。

大事なのは開業後にお客さんの満足を追及することです。

自営業は売り上げにバラつきがあります。

そのため家計を見直し、生活費を抑え必要な売り上げは低くしておきましょう。

それが経営を続けていくポイントです。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました