自営業なのに1週間休んでしまった。実際に体験したことと対策を教えます。

スポンサーリンク

久しぶりの更新です。マー坊です。

自営業をするとなると皆さん気にされるのが風邪を引いたときに補償がない 事だと思います。

実際僕も過去に子供が入院したことにより1週間ほど店を閉めた事があります。

詳しくはこちら。子供が1週間入院した時の話

そして今回は再び1週間以上休むことになってしまいました。

そこで感じたことを書いていきます。

1週間以上休むことになった理由

そもそも今回はなぜ1週間休むことになったかというと僕自身が風邪を引いてしまったのが原因です

休む数日前に下の子供が風邪を引いてしまっていてそれをもらってしまいました。

恐らく小さいお子さんがいらっしゃる家庭ではよくあることではないでしょうか?

僕も過去に何度か子供に風邪をうつされたことはありましたが、市販の薬を服用することで寝込むことはなかったので今回も大丈夫だろうと思っていました。

しかし次の日かなり体がダルいので熱を計ってみると37.8。

仕方なくその日は臨時休業という形で休みました。

すぐに回復すると思っていたら

さらに次の日は38.0。

これはさすがにヤバいということでその次の日に病院に行こうと決めました。

診察をしてもらい、薬を貰うことで後2、3日もすれば良くなると思っていましたがこれは考えが甘かったです。

というのも風邪を引いだ時期がちょうどコロナが増えている時期だったのでどこの病院もいっぱいだったんです

空いている病院がなかなか見つかりませんでした。

やっとの思いでみてもらえる病院がありましたが、コロナの初期症状にとても似ていたのでPCR検査をするはめに。

PCR検査だけでその日の診察は終わり、翌日に病院からの電話でコロナかどうかの結果をお伝えするということでした。一応薬は貰えましたがろくに診察していない薬なんて効果半減ですよね…。

結果としてコロナではありませんでしたが、薬の効果はあまりなくそこからさらに5日ほど休んでしまいました。

いつ回復するかわからないことに対しての不安

今まで風邪を引いたときは、1日目で熱がでて2日目で少し良くなり3日目ぐらいからほぼ回復する。

となることが多かったです。

しかし今回の風邪は発症から5日間ぐらいずっと良くならず、全く回復しませんでした

もしかしたら一生このままかも?と思ったほどです。

自営業をしていると、もちろん休んでいる間は収入がありません。

それなりに貯金があっても、いつ復帰できるという目安がないのは精神的にもかなりキツかったです。

今回の教訓

今回風邪が長引いてしまったのは引きはじめに適切な対応を取れなかったことが原因だと思っています。

風邪の引きはじめに薬を飲んで安静にしておく、早めに病院にいく、

これだけでも治り方が変わってきます。

自営業は体が資本です。その為風邪を引かない、怪我に気をつけるといったように健康面を会社員の時より意識しておくことが大切です。 

それでも風邪になることもありますがとにかく早く風邪を治す事に注力しましょう。

早く治す事で金銭的負担が少なくなる

1週間休むと収入がないのもそうですが、ほとんどの食材がロスになっているために損失も多くなります。

ロスが多くなると、仕込みも多く必要です。

今回であれば仕込みに1日かかったので風邪が治ってもすぐにはオープン出来ませんでした

その為、1週間以上店を閉めていたことになります。

風邪を早く治し、営業出来ると、収入も得ることができ、損失も抑えることができ必要な仕込みも少なくなるので金銭的メリットは大きいです。

風邪を引かない、引いても早く対処する、この意識は大切ですね。

まとめ

今回の事がまさに多くの方にとって自営業に抵抗がある理由だと思います。

確かに自営業は保証が薄いです。

しかし予め突発的な休みに備えておくことでそこまで不安がる必要もないです

何が起こるかはわからないけど、何かは起こる。

その何かに備えるために働けるときにはしっかり働いておく。

このスタンスが個人的にはいいのではないかなぁと思っています。

もし自営業を目指すのであれば常に何かが起き、長期的に収入が途絶えることを想定しておくといいでしょう。

それを意識しておくことで余裕を持って対応できますよ。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました