個人の飲食店で台風の日に営業をしてみた結果

スポンサーリンク

こんにちは。マー坊です。

夫婦で小さい飲食店を経営しています。

皆さんは台風の日の営業はどうされていますか?

恐らく会社員の方は台風の日でも仕事をしてるのではないでしょうか?

しかし自営業であれば自分の判断で休みにできます。

とはいえ定休日でもなければ休みにするのは抵抗がある方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は僕が実際に台風の日に営業してみてどうだったのか?

これから台風の日はどうすればいいのか?

これらについて書いてみます。

台風の日に営業してみて

まず会社員の時は台風で早く閉めることはあってもなかなか休みになることはなかったです。

僕の経験ではホテルは宿泊のお客さんが外に行けずホテル内で食べるので忙しかったです。他の店でもめちゃくちゃ暇というのはあまりありませんでした。

ところが個人のお店だとめちゃくちゃ暇でした。

恐らく、ホテルやチェーン店だと営業しているとお客さんも認識していますが、個人の店は営業していないと思っているからだと思います。

実際僕の地域の個人の方はほとんど休まれていました。

それから僕も台風の日は休むようにしました。

台風の日に営業するデメリット

なんだか定休日以外に休むのもなぁ、という方もいると思います。

しかし台風の日に営業するのはデメリットもあります。

それは

通勤が危険

仕込みが読みにくい

アルバイトが不満を持つ

この3点を解説していきます。

通勤が危険

これは皆さん1度は経験したことがあるはずです。

強風、豪雨であれば通勤が大変で場合によっては命の危険まであります。

そんな危険を犯してまでも営業しなくてもいいのでは?と僕は思います。

仕込みが読みにくい

台風の日は忙しくもあり、暇な時もあります。

そのため忙しくなってもいいようにある程度の仕込みは必要になってきます。

しかし予想以上に暇であった時は食材がロスになる可能性もあります。

危険を犯してまで出勤したのに食材のロスまで出てしまうとやりきれないですよね?

なので僕は休みにすればいいと思っています。

アルバイトが不満を持つ

もしアルバイトを雇っている時であれば台風の日でも誰かには来てもらう必要があります。

もちろん行けないと連絡が来る場合もありますがシフトに入っているため出勤しようとしてくれる方もいます。

ただ内心はやはりできれば休みたい

だと思います。

また台風の日に出勤させたことで辞めることを考えてもおかしくないです。

飲食店で働いていると人手不足で悩むことが多いはずです。

その貴重な人材を台風の日に出勤させることにより失ってしまうかもしれません。

まとめ

今の時代は幸いSNSで告知することで臨時休業することを多くの方に知って貰うこともできます。

なので暇であろう日に危険を犯してまで営業しなくてもいいというのが僕の考えです。

普段疲れているからゆっくり休もう。ぐらいの気持ちでいてまた仕事の時に頑張りましょう!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました