キッチンカー開業のメリット、デメリットを飲食店オーナーが解説

スポンサーリンク

コロナ禍を機にテイクアウトの需要は高まっています。

その中でも特にテイクアウトに特化しているキッチンカーでの開業に興味をもっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はキッチンカー開業について飲食店で20年以上働いて今は飲食店オーナーを務める僕なりに解説していきます。

始めに結論をお伝えしておくと、味に自信がある、料理にこだわりたい、こんな方にはオススメできません。

なぜこのような結論になるのか、この記事を読むことで理解できるはずなのでぜひ最後までご覧下さい。

この記事はこんな方にオススメです

☑️キッチンカーに興味がある

☑️キッチンカーについて知りたい

キッチンカーとは

そもそもキッチンカーとは調理ができる設備が備わった車両のことです

よく見かけるのはクレープ、たこ焼きですね。

最近ではキッチンカーも種類が増えてきています。

なかなかコロナが終息しないこと、テイクアウトの需要が高まっていることを考えると恐らくキッチンカーはこれからも増えてくるでしょう。

キッチンカー開業のメリット

需要が高まっているキッチンカー開業ですがメリットはたくさんあります。

▪開業費用、ランニングコストが抑えれる

▪集客しやすい

▪掃除、管理が楽

それでは順番に解説していきます。

開業費用、ランニングコストが抑えれる

キッチンカー開業の一番のメリットは開業費用、ランニングコストが低くなることです

一般的に飲食店の開業費用は1000万前後と言われています。

それがキッチンカーでは300万~500万ほどです。

かなり差がありますね。

実店舗を持つと融資を受けるのがほとんどですが、キッチンカー開業においては自己資金だけで開業できる方もいるはずです。

融資を受ける場合、書類の作成や面談等で意外と時間をとられます。

ここを省略できるのは精神的にも大きいですね。

ランニングコストにしてもスペースが小さい分、実店舗を持ったときに比べ少ないです。

開業費用もランニングコストも抑えれるのであれば通常の飲食店に比べリスクは低いと言えますね。

集客しやすい

キッチンカーが出店している場所は大型スーパーの出入口やお祭りといった人が集まりやすい場所です。

そのため集客しやすい、立地がいいと言えます。

毎回このような場所を借りれる保証はないですが、それでも場所を選べるというのは大きいメリットです。

人気の場所は他の方も選ぶ傾向にあるので、後から参入したときには遅いかもしれません。

ただ日頃からどのようなところに人が集まっているか、もしくは自分の商品を買ってくれそうな人が多くいるのはどこか?意識することで自分だけの穴場スポットを探すこともできます

掃除、管理が楽

飲食店は掃除が大変です。

特に厨房はこまめに掃除しないと油でギトギトになったり、水垢ができたりします。

当然キレイな厨房がいいですが、日々の業務が忙しければ掃除は後回しになりがちです。

また営業を続けていくと机、椅子が壊れる、壁紙が破れるという風に修繕費がかかってきます。

さらに配管がつまったりすると業者さんに修理してもらうことも必要です。

キッチンカーであれば小スペースなので掃除をする箇所は少なくてすみますね。

修繕も店舗に比べるとかなり少ないので管理が楽です。

ランニングコストも抑えれて管理も楽なのであれば経営はやりやすいといえるでしょう。

このようにメリットが多いキッチンカー開業ですが次はデメリットを解説していきます。

キッチンカーのデメリット

考えられるキッチンカーでのデメリットは下記のようなことです。

▪営業許可証が自治体ごとに必要

▪出店場所の確保が難しい

▪常連客が作りにくい

▪味にこだわりにくい

こちらも順番に解説します。

営業許可証が自治体ごとに必要

飲食店として営業する時に必要な資格の中に営業許可証というのがあります。

しかしキッチンカーで開業するのであれば、営業許可証は自治体ごとに必要なんです

もし自治体をまたいで営業すればその地域での営業許可証が必要になります。

営業許可証をとるためには場所により違いがあり、また店舗を持つより安くすみますがそれでも1万円程かかります。

そのため出店場所を広げすぎると費用がかさむことは覚えておきましょう。

まずはメインの出店場所地域の管轄の保健所にどこまでの範囲なら営業できるかを確認しておくのがいいと思います。

また開業するために必要な資格についての記事はこちらにあるので参考にして下さい。

飲食店開業に必要な資格は2つ。取得方法を解説。

出店場所の確保が難しい

繰り返しになりますがキッチンカーでは固定の場所で営業するのではなく、常に移動していきます。

そして出店したい場所が見つかればそこにお願いして営業ができるわけですが、出店場所の確保はなかなか難しく、特に人気の場所はすぐに埋まってしまいます。

キッチンカーでの営業は場所が売り上げに大きく左右するので、いい場所をおさえなければ経営を続けるのは難しいでしょう。

また出店場所を仲介してくれる業者もありますが、出店手数料として売り上げの15%~20%はかかってくるので、思うように利益が残らないこともあります。

出店場所は基本的に出店料がかかりますが中には無料のところもあり、出店料がかからなければ必要な売り上げは低くくなります。

その点を意識し、集客がしやすく売り上げを伸ばせる場所だけでなく最終的に利益が多く残せる場所を選ぶといいでしょう。

こちらの記事も参考にして下さい。

利益を意識してますか?

常連客が作りにくい

キッチンカーに来るお客さんは、出店場所のスーパー等を利用したついでに来てくれることが多く、キッチンカー目当ての来店は少ないでしょう。

これは固定の場所で営業していないのでお客さんとしても訪れにくいからです

つまり常連客が作りにくいということです。

常連客が作れないと売り上げは安定しません。

売り上げが安定しないと食材や備品の用意も難しくなります。

もしかするとSNSを使って事前に出店場所を告知することで集客が見込めるのでは?と思うかもしれません。

もちろんそれを見てきてくれるお客さんもいると思います。

しかし、量がめちゃくちゃ多い、通常より格段に安い、

といったインパクトのある料理やイベントをしていないとわざわざ来てくれないでしょう。

それほど集客というのは難しいです。

とはいえ無料で使えるSNSを使わない理由はないので積極的に活用していきましょう。

時間はかかりますが、継続することで常連客を作ることは可能です。

味にこだわりにくい

キッチンカーは調理スペースがあるとはいえ通常の飲食店に比べると設備面で劣ります。

そしてキッチンカーにくるお客さんはすぐに料理ができるのを前提に利用してくれています。

そのため早く提供できるように味に差し支えのない程度に作りおきしていることもあります。

もし料理にこだわったお店を目指すのであればキッチンカーは不向きといえるでしょう。

料理の味よりも提供スピードが求められる

まとめ

今回はキッチンカー開業のメリット、デメリットについて僕なりに解説してみました。

僕はキッチンカー開業が悪いとは思いませんが、

調理設備が店舗に比べ劣る

スピーディーな提供が必要

このような理由から料理にこだわりたい方はキッチンカーではなく実店舗で開業するべきだと思います。

逆に料理はそこまで経験がなくても

出店場所に自分の商品の魅力を売り込める営業力がある

どのような場所で出店すると売り上げが伸ばせるのかを考えれるマーケティングスキルがある

このような方はキッチンカーでの開業が向いていると思います。

実店舗での開業かキッチンカーでの開業か自分の得意なことも考えて選択することが大事ですね。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました