飲食店経営者の年収は?手元にお金を残すためのポイントも合わせて解説

スポンサーリンク

飲食店の経営者はどれぐらいの収入があるんだろう?

このような疑問を持つ方は多いと思います。

特に飲食店での開業を考えているのであればなおさら気になりますよね。

そこで今回は飲食店経営者の収入を公開したいと思います。

自営業をしてみたいけど、今の収入より下がるのはちょっと…

このような方は、どれぐらいの収入が見込めるかを知ることにより開業への不安を減らせれます。

それが開業へのきっかけになるかもしれませんね。

また、自営業で手元にお金を残りやすくするためのポイントも紹介しますので最後までご覧ください。

この記事はこんな方にオススメです

・開業を考えている

・開業したけど思うようにお金が残らない

飲食店経営者の年収

飲食店経営者の年収は平均で550万〜620万となっているようです。

民間企業の正社員の平均年収がおよそ500万ということを考えると自営業の方が収入は増えそうです。

それなら飲食店を開業しようかな?

このように考えるのは少し待って下さい。

確かに平均年収は自営業者の方がデータ上、高くなっていますが大事な視点が抜けています。

それは補償と労働時間です。

自営業者は補償が薄い

会社員の方が平均年収が少ないとしても

・健康保険

・失業保険

・有給休暇

といった制度があり、病気などで長期休むことになったとしても収入がすぐに途絶えると言うことは少ないです。

しかし自営業には基本的にこれらがありません。

自営業は補償が薄いと言われる所以はこのあたりが原因でしょう。 

因みに僕は1週間連続で休んだことがあり、その間は当然無収入でした。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

子供が1週間入院した時の話

自営業なのに1週間休んでしまった。実際に体験したことと対策を教えます。

労働時間

自営業は労働時間も会社員に比べ多いことがあります。

それは

・少人数でしているので遅出・早上がりはほぼない

・休みは週に1回のことが多い

・休みの日でも、事務作業等で休めない

これらが理由です。

労働時間が増えているのであれば、年収が高くなるのはある意味当然とも言えます。

自営業の年収にはバラつきがある

これまで色々と書いてきましたが、飲食店経営者の年収に不満があるわけではないです。

僕が言いたいのは数字だけで判断しないでほしいということです。

自営業者は収入が安定しません。

それはあなたも理解していると思います。

実際、僕の年収も100万単位で違うことがあります。

しかしこれが必ずしも悪いわけではありません。

なぜなら上手く節税しているからこその結果かもしれないからです。

手元に残るお金を増やすポイント

収入に差ができるのは

・売り上げが下がる

・経費が多くなる

このどちらかが主な理由です。

そしてもし意図的に経費を多くすることにより売り上げが下がっているのであればそれは節税できていると言えます。

そう、手元に効率よくお金を残すポイントは節税です。

なんだ、そんなことか…

そう思うかもしれませんが節税は本当に重要なんです。

節税の大きさを知る

そもそも節税とは必要な経費を正しく計上することで成立します。

決して税金を少なくするために、とにかく経費を使うことではありません。

そして節税の効果は

・所得税

・住民税

・事業税(特定の条件を満たした事業者のみ)

これらが抑えられます。

また税金ではありませんが、経費が増えて収入が減ることにより

・国民健康保険料

・保育料(3歳未満)

これらも下がります。

この5つの項目がそれぞれ下がるなら、効果が高いのは簡単に想像できますね。

僕の事例でいうと、開業した5年間で一番年収が高かったのは初年度でした。

これは休みの日を少なくしていた事もありますが、節税対策をしていなかった事も大きいです。

その結果かなりの税金を支払うことになりました。

またこのときは娘が保育所に通っている時だったので、保育料もかなり高くなりました。

休まず働いて収入を増やしても、結局高い税金を納めるようになります

それなら 

・人並みに休んで、そこそこの収入で抑える

ほうが僕はいいと思っています。

また、税金の知識は経営する上でかなり重要なので最低限の知識は身につけておきましょう。

もしくは税理士さんを頼るのもいいと思います。

こちらの記事も参考にして下さい。

個人事業主でも税理士さんを顧問契約した方がいい理由を解説

稼いだ額以上に税金を払うことはないが、収入が上がるにつれ払う税金は増えるので収入のコスパは悪くなる

まとめ

個人的には、個人でしている飲食店経営者の年収は統計の平均より少ないと思います。

しかし家族がいても十分に生活していける位の収入は見込めます

しかし、税金のことを何も考えずにがむしゃらに働くだけだと、余計な税金を支払うことにより生活は苦しくなるでしょう。

経営をするということは料理以外の色々な知識が必要になります。

そして、学んでいくことで必ず生活は楽になっていきます。

僕も初めは何も知らず、その結果多くの無駄なお金を払ってきました。

ただそのおかげで勉強するきっかけができ、今ではそれなりに知識をつけれました。

そして今の生活にも満足しています。

いらない経費を増やしても年収が下がるだけです。

しかし本当に必要な経費が増えた結果年収が下がったのであれば、上手く節税できていると言えます。

このことは常に意識しましょう。

そうすることで確実にお金は残りやすくなりますよ。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました